読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

下剋上受験 第7話 感想

ドラマおすすめ

受験勉強を親が教えるのはデメリットがある!?

 

阿部サダヲさん演じる「桜井信一」の娘「佳織」の成績が上がらない・・・・・。

教えても教えても、覚えることができない「佳織」に苛立ちを隠せなくなっていた。

 

苛立ちを抑えるために「信一」は「心理カウンセラー」の受診を受ける。

すると要潤さん演じる「同級生 徳川直康」も受診していた。

 

父親の苦労は大変!

「信一」は「佳織」に体育の授業はしなくていいと伝えたが、「体育の先生の勢い」と「友達の疎外感」に「佳織」は体育に参加してケガをしてしまった!!

 

個人の感想はドラマに登場した「体育の先生」は苦手です(笑)

 

「佳織」のケガで「信一」の怒りが爆発!

 

中学受験は中止!

「夢は夢なんだ!中卒の親の遺伝だからしょうがない・・・・」

やめようと「佳織」に伝えるが「佳織」が泣きながら「信一」に懇願!

 

そんな「信一」と「佳織」の仲を「信一の父親 桜井一夫」が支える

 

「一人の力はたいしたことない。それぞれができることをやればいい」

 

「一夫」が資金援助をすることで話がまとまりました。

 

第7話の最後に「信一」が倒れました。

何か「胃」の病気に!?

でも生死にかかわる病気ではないことは予測されます。

 

実話から生まれた「下剋上受験 」

これからの展開は「合格」で終了すると思います。

 

だから「合格」までの「経緯」がこのドラマの注目ポイントです!

 

 

個人の感想の「下剋上受験 第7話」

採点は 10点満点中4点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

広告を非表示にする