読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第6話 感想

地下鉄爆破テロの実行犯は「元警察官!?」

f:id:kojinnokansodesu:20170411174245p:plain

第5話で小栗旬さん演じる「稲見 朗」が「潜入捜査」してように、「潜入捜査」で潜入した組織から戻れなくなった男が「地下鉄爆破テロの実行犯になってしまった」

地下鉄爆破テロの計画を警察組織に報告した結果、警察組織は沈黙・・・・・。

男は地下鉄爆破テロに参加しなければ殺される運命を察し、実行犯になってしまった。

 

「警察官」として「潜入捜査」をした結果

潜入するために「警察官」としての功績は抹消され、 「警察組織」の利権に利用された男。

最後「稲見」が男に言った

「お前が本当に警察官だとするなら、殺されたとしてもテロを実行するべきじゃなかった」

それに対し男が言った言葉が考えさせられる。

「確かにそうだな。理屈は正しい」

「後はお前が同じ目に遭ったときに本当の答えがわかるだろう」

 

第三者として考える答えは確かに正論かもしれない。

しかし、当事者は正論とわかっていても違う選択をしてしまうこともある・・・・・。

 

 

この作品の「黒幕」は

やはり長塚京三さん演じる「鍛冶大輝」!??

今回の地下鉄爆破テロにも「鍛冶大輝」が関係したようです。

 

次回はテロリスト集団「平成維新軍」を逮捕!?

次回予告を見る限り「平成維新軍」の幹部が逮捕されていたので、「平成維新軍」を一網打尽にするのでは??

 

個人の感想の「CRISIS公安機動捜査隊特捜班 第6話」

採点は10点満点中5点

 

今季の警察ドラマは警察のイメージダウンになる作品ばかりだと思うのは個人の感想だけ!?

 

                         個人の感想でした(*- -)ペコリ