読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」第4話 感想

今回は野間口徹さん演じる「樫井勇輔」が大活躍!?

大学教授「有馬丈博」を一週間「警護」。一週間後には海外に出国する。

f:id:kojinnokansodesu:20170411174245p:plain

有馬丈博」を狙う暗殺者は2人。

この2人は「テロ集団 平成維新軍」の関係はあるのか?

「テロ集団 平成維新軍」に関係ないとしたら、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」にとって新たな敵となる?

 

第4話では「元・爆発物処理班の特捜班メンバー」だった「樫井勇輔」が難易度の高い爆弾処理に挑む!

しかし「警護」は最終的に「爆弾処理を断念」

「警護者」は死亡。これで任務は終了。

 

必ず助かる展開もつまらないですけど、今回の助けらない展開の理由はつまらない・・・・。

爆弾処理中に上司の命令で、爆弾処理を中止して撤退。

爆弾解除に必要な制限時間が足りなかったこともあって、諦めたようです。

 

       

 

第5話で暗殺者2人を逮捕する展開になれば納得できますが、第5話ではまた違う事件に立ち向かうみたい。

 

このドラマ対峙する敵が多すぎると思うのは個人の感想だけ!?

敵が多すぎて、結局全員敵だった展開になりそうです。

 

すべての敵を操っているのは「国会議員」や長塚京三さん演じる「鍛冶大輝」だと予測します。

 

個人の感想の「CRISIS公安機動捜査隊特捜班 第4話」

採点は10点満点中2点

 

                        個人の感想でした(*- -)ペコリ

 

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp