こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「下剋上受験」 第9話 感想

阿部サダヲさん演じる「桜井信一」の娘「佳織」の偏差値が「62」に上がった!

初めは偏差値「41」の「佳織」だった父親「信一」と「俺塾」で一緒に勉強して、偏差値が「62」まで上がったが、「佳織」が目指す最難関中学「桜葉学園」は偏差値「72」

 

偏差値「62」ではまだ合格できない!

そこで「信一」は6年生の3学期すべてを休ませることに。

学校を休ませることはいいことなのでしょうか?

でも正直個人の感想も学校に行かなくても勉強さえしていればいいと思っている派です!

 

しかし、ここにきて「佳織」はモチベーションが上がらない・・・・・・。

偏差値「72」の壁が高すぎた!!

「桜葉学園」を受験するのが怖い!落ちたら怖いから簡単に合格できそうな中学を受験したい!

 

そんなことを言う「佳織」を中卒の母親 深田恭子さん演じる「香夏子」が休んでいた学校に連れて行った。

すると学校では「卒業制作」を作っていた。

「佳織」も参加し、気分転換もできた。

そして友達から応援されてモチベーションアップ!

 

また父親と一緒に勉強して「桜葉学園」受験当日

これまで頑張った成果を受験にぶつけて合格発表で第9話が終了しました。

 

 

このドラマは実話から作られているので「合格」は絶対すると思ってましたが、もしすると「不合格」の可能性も浮上してきました。

多分「合格」という展開じゃないとドラマ化されないと思います。

はたして「合格」しているのか?

実は「不合格」で、「不合格」という経験を経て「佳織」たち親子が成長していくのか?

 

中卒がコンプレックスの親と一緒に「最難関中学」を目指す!

 

個人の感想は「合格」して「佳織」がみんなに祝福される展開になると予測します!

 

個人の感想の「下剋上受験 第9話」

採点は 10点満点中4点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

 

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

広告を非表示にする