読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「A LIFE~愛しき人~」第9話 感想

ドラマおすすめ

竹内結子さん演じる「壇上深冬」が急変!

「深冬」の脳腫瘍が出血し、オペは延期。

木村拓哉さん演じる「沖田一光」がもっと早く手術方法を見つけていればと後悔。

 

そんなとき、浅野忠信さん演じる「壇上壮大」に現職大臣のオペの相談が持ちかけられる。

難しいオペを日本初となるアプローチで行うことを決めた「壮大」は、大臣のオペが成功したら自分が「深冬」のオペをすると「沖田」に宣言。

このプレッシャーに打ち勝てれば、愛する妻のオペをすることが出来る。

 

結果「壮大」は大臣のオペを見事に成功させた!

「深冬」のオペは自分がすると「深冬」に伝えたら、「深冬」は「沖田」にオペをしてもらいたい主張。

 

元カレに命を預けて、失敗しても「沖田」ならいいのかと「壮大」は激怒!

「深冬」がどうして「沖田」を指名した理由は明らかになりませんでした。

しかし個人の感想は「もし壮大が執刀して、失敗した場合の壮大が感じる罪悪感を考えて沖田に執刀して欲しい」と言ったのだと思います!

 

そして第8話で菜々緒さん演じる「榊原実梨」に裏切られた「壮大」だったが、第9話でも及川光博さん演じる「羽村圭吾」に裏切られた!

 

「壮大」が壇上記念病院を乗っ取ろうとしていたこと暴露されて「壮大」が解雇されて第9話が終了しました。

 

なぜか「壇上壮大」を応援していた個人の感想。

徐々に低下する「壮大」の地位にかわいそうと思って見ているのは個人の感想だけ?

 

次回最終回で「沖田」が「深冬」のオペを成功させてシアトルに帰って終了と予測されます。

 

 個人の感想の「A LIFE〜愛しき人〜 第9話」採点は10点満点中5点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ 

 

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

 

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

広告を非表示にする