読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「A LIFE~愛しき人~」 第7話 感想

ドラマおすすめ

第7話は「14歳の乳がん患者」を治療!

 

財前直見さん演じる「乳腺科の医師 児島」は14歳の「乳がん」などあり得ない!と主張する。

「実際 14歳の乳がん患者の症例がないから乳がんはあり得ない」

 

しかし木村拓哉さん演じる「沖田一光」は可能性はゼロではないと主張!

「事実上の症例がないからと言って可能性がゼロではない」

 

「事実上」と「実際」の違いで意見が異なった。

患者のことだけを思う「沖田」は「海外で10歳の乳がん患者の症例」を発見!

 

無事14歳の乳がん患者は助けることができた。

 

そして第7話でやっと竹内結子さん演じる「壇上深冬」のオペ方法が見つかる!

オペ方法が見つかったことを手術室で「沖田と一緒に昔やっていた縫合の練習をしている深冬を見つける」

 

手術室に向かい「深冬」にオペ方法を伝える。

手術室でオペ方法が見つかり泣く「深冬」と一緒にいる「沖田」をやっぱりモニターで見ている浅野忠信さん演じる「壇上壮大」

 

リスクの高いオペだが、「沖田」を信じて「沖田」が見つけたオペを受ける決意をした「深冬」

あまり「沖田」「沖田」と言うとまた「壮大」がヒステリックになるよーと思いながら第7話を個人の感想は見てました。

 

そして第7話で「壮大派」の菜々緒さん演じる「榊原実梨」と及川光博さん演じる「羽村圭吾」が「壮大」が裏切る!!

 

「深冬」の病を全員に暴露!

病状を知ったうえで患者のオペをさせていたと「壮大の責任問題を追及!!」

 

これから「壇上壮大」の理想が崩壊していく!

 

大丈夫?「壇上壮大」

「壮大」のヒステリックが爆発する予感!

 

個人の感想の「A LIFE〜愛しき人〜 第7話」採点は10点満点中4点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ 

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

広告を非表示にする