こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

下剋上受験 第6話 感想

第6話で正月が過ぎ、3月になり、阿部サダヲさん演じる「桜井信一」の娘「佳織」が小学6年生になった!

まだ6年生じゃなかったんですね!

てっきり6年生だと思っていたのは個人の感想だけ?

 

6年生になった「佳織」の成績が上がらない・・・・・。

「佳織」の同級生の「徳川麻里亜」も成績が上がらない。

 

そんな子供たちのことを思って父親同士は「もう会ってはいけない」と伝えた。

 

父親に会うことを許されない子供たちは、子供たちだけで考えて「お互いをライバル」としてもう会わないことを決めた。

敵という「ライバル」ではなくて、共に頑張るための「ライバル」になる!

 

「麻里亜」は今のところ「偏差値 65前後」

「佳織」は今のところ「偏差値 52」

 

はたして「偏差値 72」の最難関中学を受験

合格できるのか?

このドラマは実話をモデルに作られています。

合格するのは間違いなし! なので合格に注目より、受験の取り組みに注目ドラマです!

 

そして第7話では「信一」と「佳織」がケンカ!?

順調にはいかないみたいですね。

 

第6話で個人の感想は地味に気になったのは、「信一」の父親と「徳川直康」の間に何やらありそうです。

 

個人の感想の「下剋上受験 第6話」

採点は 10点満点中4点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

広告を非表示にする