こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「カルテット」 第6話 感想

宮藤官九郎さん演じる「巻幹生」が登場!

 

まだ松たか子さん演じる「巻真紀」には再会していません。

 

「真紀」は「幹生」の母親とバトル!!

「真紀」はキレイなビンタを食らいました。

 

第6話やっと「真紀」が「幹生」を殺してないことを義母が納得してくれました。

 

そして第6話から伏線回収が始まりました。

どうして「巻幹生」が失踪したのかを第5話までの伏線と共に第6話が放送されました。

 

第6話のテーマは「夫婦とは?」

どうして人は離婚してしまうのか?

それが少しわかった気がした個人の感想でした。

 

女の人は「思い出」を大切にするして、

男の人は思い出の「物」を大切にする。

 

だから「価値観が合う人」か「器の大きい人」じゃないと別れること多い!?

 

「幹生」は結婚しても恋人同士でいたい。

「真紀」は結婚して家族になりたかった。

お互いが求める物が逆さまになっていた「巻夫婦」

 

第7話で再会するようですが、その前に第6話の最後でなぜか「カルテット」が住む別荘に吉岡里帆さん演じる「来杉有朱」が忍び込み「真紀」のバイオリンを盗難!?

 

そこに遭遇した「幹生」が「真紀」のバイオリンの盗難を阻止しようとして別荘のベランダから「来杉有朱」を突き落としてしまった・・・・・!?

 

なんという急展開!!

 

これまでのほのぼの展開とは一変して、逃亡劇というシリアス展開になるのでしょうか?

 

注意です!!

 

個人の感想の「カルテット 第6話」

採点は10点満点中8点

                        個人の感想でした(*- -)ペコリ

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

 

広告を非表示にする