読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

スーパーサラリーマン左江内氏 第4話 感想

第4話では「長友佑都」さんをディスりました。

そして「スーパーサラリーマン左江内氏」は「中年スーパーマン左江内氏」が原作で、「藤子・F・不二雄」さんの作品「パーマン」に登場する「コピーロボット」が登場しました。

 

原作者が一緒だからってなんでもあり!?

なんでもありなのにこの作品あまり面白くない・・・・・。

 

堤真一さん演じる「左江内英雄」が勤めている「藤子建設」の経営が心配!

第4話では、賀来賢人さん演じる「池杉照士」のミスをカバーするために「左江内英雄」が奮闘するが、「俺がミスした案件を左江内さんが挽回したら、そんなの恥ずかしい」という理由で重要データを消去!!

 

スーパーサラリーマンの力で「池杉照士」がデータを消したことは誰も覚えてなく、「左江内英雄」がライバル会社のプレゼンを称賛したことで共同開発に発展!

 

結果よかったという展開になりました。

 

やっぱりこのドラマ「起承転結」というか。

「事件が発生して解決までの流れが弱すぎる!」

 

個人の感想が決める今季おすすめドラマランキング下位争い中!

 

個人の感想の「スーパーサラリーマン左江内氏 第4話」採点は10点満点中2点

 

                        個人の感想でした(*- -)ペコリ