こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

「嫌われる勇気」 第4話 感想

第4話でも戸次重幸さん演じる「小宮山正明」が活躍と思ったら全然活躍しませんでした。

残念!

 

第4話の犯人は家族全員という展開も予測しましたが、当たりました!

 

正確には「心不全」が原因で亡くなった父親だった。

救急車を呼べば助かったのに、救急車を呼ばなかった娘が主犯。

家族は娘を守るために偽装工作を。

 

家族内での殺人事件は「家族が家族を守るために共謀する」展開がよくありますよね。

 

「嫌われる勇気」は元々「刑事ドラマ」じゃないから展開が予測しやすく面白さが足りない。

原作では登場人物は2人しか登場しません。

椎名桔平さん演じる「大文字哲人」が話し手となり、聞き手がいるだけ。

 

なのでこのドラマもっと「大文字哲人」が登場するシーンを増やして、「アドラー心理学」について話すべきだと思います。

アドラー心理学」で理解できることをもっと1話1話織り交ぜた方がこのドラマは面白くなる!

 

第5話は「大文字哲人」が登場するシーンが増えるみたいなので、「自己啓発本」の面白さに近づくのでは?

 

個人の感想の「嫌われる勇気 第4話」 採点は 10点満点中2点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ

広告を非表示にする