こんにちは、個人の感想です!個人の感想が個人の感想でおすすめします!!

個人の感想で、アニメ・漫画・ドラマなどなどおすすめ紹介! 読者登録してくれたら嬉しいです!

リテイク 最終話 感想

個人の感想が予測した通り「那須野薫」は主人公「新谷真治」の娘でした!!

 

那須野薫」は主人公「新谷真治」の娘という予測は第4話で予測済みでした!

kojinnokansodesu.hatenadiary.jp

 

戸籍監理課を作ったのは「那須野薫」でした。

 

父親である「新谷真治」の事故死という未来を変えるために「リテイク」してきた「那須野薫」は列車事故から父親を救い出したが、未来を変えると「辛い未来を変えた後、同等の代償が未来に待っている」

 

その後、新谷真治は痴漢容疑のせいで夫婦は離婚。

娘の那須野薫は別の意味で父親をまた失いました。

 

未来は決して変えてはいけない。

悲しい未来を変えても、またどこかで悲しい未来が待っているから。

 

最終話の最後の「メッセージ」素敵でしたね!

「誰にもやり直したい辛い過去があります」

「でもそれを乗り越えないとダメです」

「人生にリテイクはない。人はやり直せない今を全力で生きるから輝ける

 

過去を後悔するより、今を生きることが大切ですよね!

今を素敵にすることで、過去が素敵な思い出になり、素敵な未来が待っているのです。

 個人の感想はこのドラマを見てそう感じました!

 

個人の感想の「リテイク 最終話」採点は10点満点中4点

 

                       個人の感想でした(*- -)ペコリ

 

広告を非表示にする